9月10日に「3C動画セミナー&ワーク」第1回(1日目)@東京が開催されました。


本セミナーは、3C分析の考え方を基礎から学び、実際のワークをおこなうことでより理解を深めることができる、参加型セミナーです。

今回開催の第1回(1日目)では、3Cセミナー動画を視聴(90分)し、参加者各自でそれぞれの3Cについて考え、その後のレビュー会で意見交換を行いました。


【3C分析とは・・・】

3C分析とは、「お客様(Customer)」「競合(Competitor)」「自社(Company)」の3者の関係を整理し、勝ち目を確認するフレームワークの一つで、自社を取り巻くビジネス環境を把握するための分析プロセスです。

3cgazou.png


ismでは、さらに「ベネフィット(お客様が求める価値)」と「差別的優位点」という視点を加えることで、顧客に伝えるべき「メッセージ」を明らかにします。
3Cで見出した自社の武器を、マーケティングから制作まですべての分野で表現することで成果につなげます。


【セミナー風景】

まず、3Cセミナー動画を視聴し、実際のサイトリニューアルの事例から、3C分析の基礎的な考えかたを学び、その後ワークとして実際に自身(自社)の3Cについてそれぞれ考えました。


後半におこなわれたレビュー会では、経営とウェブの知識が豊富な支部長に、客観的な目で自身の3Cを見てもらうことができます。
参加者同士で良い点や矛盾している点を教え合うことで、自分では気づいていない自身の強みを再認識するきっかけにもなるのです。

3c.jpg


支部長の的確なアドバイスに、「言われてみれば、そのとおりだ」「しっくりきた」など、参加者からは納得の声も上がっていました。


【3C分析の効果】

自己分析はもちろん、自社をとりまくビジネス環境を把握することで、自分たちの強みを考え、そこから逆算してクライアントとすべき相手をしぼることができます。

また、競合を意識することで、他社との差別的優位点や、自分たちの課題も明らかとなるのです。

3C分析はマーケティングの様々なシーンで活用できます。

事例にもあった、サイトリニューアルにおいても重要なのは、3C分析を経てしっかりと戦略を立て、そしてその戦略にもとづき、サイトを構築していくというプロセスです。

短期的な利益に惑わされずに、長期的な利益を出していくために戦略は不可欠です。
3Cについての学びを深めるということは、結果として長期的な利益を生み出すことへ繋がっていくのです。


【東京・岡山にて開催中】
各支部・各回に参加される方の都合に合わせ調整します。
まずは、参加を希望する支部にお申し込みください。
お申し込みができ次第、支部長より日程調整の連絡をいたします。


詳細はこちら
https://www.internet-strategy-marketing.org/service/fy2018/3cvideo.html